タイトル画像

記事数3,400超!あなたのお役に立つ、おもしろ情報満載のパワー日記ブログ。健康、グルメ情報が充実してます!

TBS「名医のTHE太鼓判(11月6日放送)で、尿もれについてのコーナーがありました。
モデルのSHEILA(シェイラ、44歳)さんが、出産後に尿漏れを起こすようになり、苦労しているとのことでした。尿もれの原因と改善方法などを紹介していました。


1、尿漏れを引き起こし安い「産後尿もれ」とは?



女性の場合、出産をキッカケに尿漏れを起こすようになる場合があるそうです。
それを『産後尿もれ』といいます。

その原因(メカニズム)は、骨盤の底部で内臓を支えている骨盤底筋という筋肉があるのですが、出産により負担がかかり、一時的に骨盤底筋が伸びてしまうことにより、尿道を閉めるチカラが弱まり、尿が漏れてしまうということです。

シェイラさんの場合は、40歳で2人目を出産後、3年に渡って尿漏れに苦しんできたそうです。

くしゃみ、子供を抱きかかえる、ジャンプする、などの時に漏れやすいとか。


尚、尿漏れは、出産のみでなく、加齢によっても起こりやすくなるそうです。


2、尿もれを引き起こす生活習慣



尿漏れは、出産など特定の原因のみでなく、生活習慣によっても起こる場合があります。

尿もれを引き起こす生活習慣としては、

①カフェインの摂取

カフェインには利尿作用がありますので、カフェインを多く摂る人で、骨盤底筋に緩みがある場合は、尿漏れしやすくなります。

②水をあまり飲まない

ここでは、コーヒーや清涼飲料ではなく、普通の「水」のことです。

水分不足だと、尿が膀胱に溜まる時間が自然と長くなり、そのため雑菌が繁殖して膀胱炎になる危険があります。

膀胱が炎症を繰り返すことで、尿漏れに繋がるようになります。

尿もれを恐れて水分を摂らないと、膀胱炎になったりして却って尿漏れになってしまうわけですね。

1日に1,5リットルは水分を摂るようにしましょう。


③足を組む

椅子に座るときなど、足を交差させて組む人がいます。

見た目はスマートでカッコイイですが、足を組むと骨盤が歪み骨盤底筋が緩むそうです。

できるだけ、足は組まないようにしましょう。


3、尿漏れ改善体操



尿もれは簡単な体操で、その症状を改善できます。

番組では、ペットボトルを使った尿もれ改善体操を紹介しました。


【尿もれ体操のやり方】

・立った姿勢で空のペットボトル(1リットル以上の大きいもの)を太ももの間に挟む。

・足と尻にチカラを入れて5秒間キープする。

・次に5秒間かけてチカラをゆるめる。

・以上合計10秒。これを1日に5~10回を目安に行う。


健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート